バイブ通販

処分に困ったら-バイブ(女性用アダルトグッズ)の通販

バイブやローターなどの女性用アダルトグッズは、性的な気持ち良さと快感をもたらしてくれる最高のおもちゃですが、バイブやローター、あるいは、ディルドと言った女性用のアダルトグッズが持っている難点は、これらのアダルトグッズを購入する時に恥ずかしさが沸いてきたり、所持していることが他人にバレはしないかといつも心配になることです。

このような難点に加えて、壊れたり、もう使わなくなったバイブやディルドなどを処分するときに沸いてくる不安感です。この不安感の源は、やはり他人に知られるのではないかと言う心配です。このようにバイブやローターは至高の気持ち良さを味あわせてくれる女性用のおもちゃですが、買う時、所持している時、処分する時に大きな難点があります。

バイブやローターやディルドは長期に亘り利用されているアダルトグッズですので、これを処分する時の悩みも長期に亘り発生し続けてきた事になります。不要になったバイブやローターを廃棄処分する方法として考えられるのは、他のゴミと一緒にゴミ袋に入れて出していたのでしょうが、近所の人にバレはしないかと言う心配は常に付きまといます。

バイブやディルドなどのアダルトグッズは購入する時、所持している時、廃棄処分をする時に常に他人の目が気にかかるものです。使用する時には最高の快感をもたらしてくれるアダルトグッズですが、このような問題も持っています。

不要になったバイブをゴミとして出す

壊れた、あるいは、不要になったバイブなどのアダルトグッズは最早ゴミですから、ゴミと一緒に捨てればいいのです。しかし、この方法に大きな心配が付きまとうのです。先ず、近所の人達にバイブをゴミとして捨てていることがバレないかと言う心配です。次に、住んでいるマンションや町によっては分別のために中身を確認することがある場合です。

分別を厳しくチェックしているところでは、ゴミ袋の中を細かく確認する場合があり、その際にバイブ等が見つかってしまう危険性は十分あります。また、家族と同居している場合は、家族のゴミ袋に入れたことがバレる心配もあります。

このようにバイブなどを内緒で使用している場合には、自分以外の誰にバレても恥ずかしさ出てきて困ったものです。性生活にバイブを使用している夫婦の場合や、同居している家族に内緒でアダルトグッズを使用している未婚の女性や男性の場合には、不要になった商品や使用済みのアダルトグッズを捨てる時の心配は常に付きまとい厄介です。

バイブはいったい何ゴミなのか

どこの自治体でもゴミは分別収集を行っています。バイブはいったい何ゴミとして出したら良いのでしょうか。バイブの種類もいろいろあり、シリコンで出来ているバイブ、ゴムやプラスチックで出来ているバイブがあります。これらの材質は自治体によって収集日が異なりますが、不燃ゴミ、あるいは、可燃ゴミとして収集日に出すことが可能です。

バイブのシリコン、ゴム、およびプラスチックの部分はハサミやカッターで切り離し、細かく切り刻んで不燃ゴミ、あるいは、可燃ごみの収集日に他のゴミの中に紛れ込ませて出せば、先ず誰にも見破られることなくゴミとして出せます。

バイブの原型を残している金属の部分をそのままゴミとして廃棄すると近所の人にバレる恐れがあり心配の種です。このように不要になったバイブやディルドのようなアダルトグッズは、ゴミとして出すのが手っ取り早い方法ですが、近所の人にバレないように十分工夫を凝らしてゴミの収集日に出す事が肝心ですが、依然として心配は残るものです。

バイブを細かく砕いてゴミにする

上に記したようにバイブなどのアダルトグッズを原型のままゴミと出した時には心配が付きまといますので、それではバイブを原型をとどめないほどに細かく分解、又は粉砕してしまうと言う考えが浮かんできますが、これも大変な作業を伴います。柔らかい素材のところはハサミで切り刻む事が可能ですが、それなりの道具が必要な場合があります。それに時間のかかる作業となり、作業中に家族などに見られてしまうと言う心配も出てきます。これも心配の種です。

無責任なバイブの捨て方

不要になったバイブなどをゴミとして出すのにもいろいろな制限が有ったり、近所の人にバレる心配があったりと、心配や悩みが尽きません。でも、壊れたバイブをいつまでも保管しておくこともできず何とか処分しなければなりません。

そこで無責任な捨て方として、コンビニや駅や公園のゴミ箱に捨てる輩もいるようです。またデパートや公園のトイレの中に放置したり、電車の網棚に忘れる形で放置する者もいるようで、いずれも他人に迷惑をかける処分の方法です。

バイブの廃棄処分を引き受ける通販店

廃棄処分をする時にも心配したり困惑したりするアダルトグッズのバイブですから、バイブを所持することに躊躇する女性もいます。購入する時、保管する時、処分する時にそれぞれ心配が付きまとうことから購入を諦める女性もいます。

このような心配を除去する方法として、要らなくなったバイブなどのアダルトグッズの廃棄処分を引き受ける通販店が増えてきています。廃棄処分を引き受ける条件は通販店により異なりますが、大まかに次のように分かれています。

1.会員制を採用している通販店で、会員登録をした会員のみを対象に廃棄処分を引き受ける通販店。他の通販店で購入した商品の廃棄処分は引き受けていない。また、廃棄処分品を送付する時の送料は依頼者の負担としている。

2.他の通販店で購入したバイブ等のアダルトグッズも廃棄処分を引き受けている度量の大きい通販店もあります。廃棄処分品の送料は依頼者の負担となり、事前に問い合わせフォームで必要事項を記入の上問い合わせが必要。

3.有料で廃棄処分を引き受けている通販店。方法はその通販店が指定している廃棄処分用の袋あるいは段ボール箱を有料で購入します。この袋あるいは段ボール箱に処分するバイブなどのアダルトグッズを詰めて送料元払いで通販店から指定された住所に送付すれば廃棄処分してくれます。他の通販店で購入した商品でも引き受けてくれます。

バイブの仕切線
inserted by FC2 system