バイブのタイトル画像

バイブの保管方法と注意点

バイブに限らず全てのアダルトグッズ(大人のおもちゃ)は常に清潔に保たなければなりません。ローターやバイブ、あるいは、ディルドは女性の粘膜に接する形で使用しますので細心の注意を払って清潔に保管し、正しい使い方をしなければなりません。女性のヴァギナ内に挿入して使用するバイブとディルドの保管には特別の注意が必要です。不衛生な保管が原因で、ヴァギナ内に雑菌を入れてしまい、ヴァギナ内に炎症を起こす事の無いよう十分注意しましょう。

楽しくて気持ちのよいセックスから病気を引き起こすようなことが発生しないように、アダルトグッズ(大人のおもちゃ)の保管には細心の注意を払い、常に清潔な状態に保ちましょう。バイブとディルドには特別の注意を心がけましょう。

水洗いできるバイブとできないバイブ

完全防水加工の施されたバイブは水道水で丸洗いすることができます。水洗いの出来るバイブはパッケージ等に完全防水と表示されています。その表示が無い商品は防水加工が施されていないバイブですので、水洗いをする時には細心の注意を払って慎重に水洗いをしなければなりません。特に電池の配線部には十分注意をし、中に水が入らないようにしましょう。バイブの動作に不具合の起きる原因として最も多いのが水濡れです。電池ボックスや動力源のモーター部分に絶対に水が入らないように十分注意しましょう。アダルトグッズを長持ちさせるためにも重要です。

バイブの洗い方

完全防水加工が施されていないバイブの場合は、水洗いをする時には細心の注意が必要です。バイブの電池が入れられている部分には絶対に水が入らないようにし、内部の電池やモーターなどが水濡れしないように十分に注意しましょう。事前にタオルやラップ等で覆い、水が入らないように工夫をしてから丁寧に水洗いをするようにしましょう。ローターのように振動する部分と電池を内蔵したコントロールする部分がが別々になっていて、振動部とコントロール部が配線で繋がっている場合には、配線から振動部やコントロール部に水が浸入しないように注意しましょう。

ブラシは使わないようにしましょう

バイブ本体は軟らかい素材で作られています。ブラシなどはバイブの本体に傷をつけることになります。その傷に汚れが貯まってしまったり、また、そこへ付着した細菌が繁殖したりする温床になります。細かい箇所を洗浄する時には、綿棒を利用するのが便利です。綿棒は軟らかいものですからバイブに傷をつける心配も不要です。

アダルトグッズ(大人のおもちゃ)専用の洗剤を使いましょう

バイブの洗浄には家庭用の洗剤を使うのは極力避けるようにしましょう。家庭にあるもを使う場合は、薬用石鹸等を使うようにしましょう。バイブの素材を痛める可能性も心配ですので、アダルトグッズ(大人のおもちゃ)専用のクリーナーやスプレーが通販店で販売されていますので、アダルトグッズ(大人のおもちゃ)専用のものを使うようにしましょう。

十分に乾燥しましょう

水分で湿った場所には雑菌が付着したり繁殖したりします。バイブなどのアダルトグッズ(大人のおもちゃ)で雑菌が繁殖することは絶対に防止しなければなりません。雑菌の繁殖を抑えるためには乾燥させることが最も大事です。バイブを隅々までしっかり洗浄したら、ティッシュやキッチンペーパーなどで水分を拭きとり、陰干しで乾燥させましょう。

バイブの保管方法

バイブは乾燥状態が維持できる容器に保管するのが最適です。手頃なものとしてジップロックの付いたビニール袋があります。ジップロック付きのビニール袋は外気の侵入を防いでくれますので内部を清潔に保つことができます。また、大小いろいろなサイズのビニール袋がありますのでアダルトグッズ(大人のおもちゃ)に適したサイズのものを選べます。保管する時には電池を抜き、アダルトグッズを複数個同じ容器に保管する事は避け、一個ずつ保管しましょう。

バイブの使用

バイブは女性の非常にデリケートで菌にも弱いヴァギナに挿入して使用するアダルトグッズ(大人のおもちゃ)ですから、完璧に清潔な状態で使用しなくてはなりません。ヴァギナ内に雑菌が侵入することを防ぐ観点からも、バイブにはコンドームを被せて使用する事がお勧めです。どうしてもコンドームとの併用が嫌いな方は、アルコール成分が入った除菌の出来る濡れテッシュ等でバイブの挿入部や周辺部をきれいに除菌してから使うようにしましょう。

女性への気配り

男性の性器に比べますと女性のヴァギナはとてもデリケートで菌にも弱いものです。ヴァギナ内の粘膜に菌が付着することは厳禁です。菌の侵入を防ぐことを先ず念頭においておかなければなりません。菌の侵入する恐れのある行為、すなわち、ヴァギナ内にバイブやディルドを挿入する時には、事前にバイブやディルドを除菌することが大事です。

アダルトグッズ(大人のおもちゃ)だけでなく、ヴァギナへ入れる可能性のあるものに指があります。指入れをする時には、爪は短く切り、女性のヴァギナ内を傷つけることの無いように細心の注意を払うことと、爪の内側やささくれなどに菌が付着している可能性がありますので、事前に指を除菌・消毒するように心がけましょう。女性のヴァギナ内への指入れは、女性を手っ取り早く気持ちよくさせる事のできる行為ですが、指にコンドームを付けての指入れが安心です。

バイブの仕切線
inserted by FC2 system