バイブのタイトル画像

男性が注意すべきポイント-バイブ(女性用アダルトグッズ)の通販

パートナーとセックスをする時にバイブを使用する場合には、男性が注意をしなければならない大事なポイントがたくさんあります。バイブは女性の敏感で繊細なヴァギナに挿入して使用するアダルトグッズですので、特にセックスの経験の浅い女性にバイブを使う時は、女性の嫌悪感や拒絶感を増幅しないように十分な配慮をして使う事が重要です。

男は誰でも愛する女性を気持ちよくさせてあげたい、性的に満足させてあげたいと言う気持を持っています。その気持がバイブを使うときに行き過ぎてしまうと女性には苦痛になるときがあり、せっかくの男の優しい気持が逆効果になってしまうことがあります。女性に苦痛となるようなバイブの使い方は絶対に避けなければならない重要なポイントです。

バイブなどのアダルトグッズは、女性に気持ち良さと性的快感を与える補助用具としてとても優れた商品です。本当に女性が心地よい悦びを感じる事ができ、性的な満足感に包まれる事ができるようにバイブは上手に使用してください。

バイブの使い方で絶対にしてはならないこと

世の男性にはペニスは大きければ大きいほど女性は性的に感じ、より強い快感を味わえるものだと言う先入観があるようです。バイブを購入する場合にも、このような先入観にとらわれて、太くて長いバイブを選ぶ事が多々あるようですが、最初から太くて長いバイブを購入し、女性に使用するのは危険な行為で絶対に避けなければならない行為です。

あくまでもバイブは異物です。経験したことの無いような太いバイブを挿入された時には、女性に苦痛が走るのは当たり前のことで、時には激痛を伴ったりします。このような痛い経験をした女性は、二度とバイブを使いたくないと思うのは当然で、バイブを使う事に恐怖感を抱いてしまいます。このようなことが起らないように十分に注意したいものです。

バイブなどのアダルトグッズは女性の性的快感と満足感や幸福感を充足するための補助具として存在しているのですが、これを使用する事に嫌悪感やトラウマを生じさせてしまう使い方は本来のバイブの使い方に逆行するものです。

バイブを使う時は女性の合意が必要

性経験の浅い女性に初めてバイブを使う時には、バイブを使うことを事前に合意してもらうことが重要です。内緒でバイブを使うと必ずと言っていい程女性は拒絶します。これは女性の内面に潜んでいる本能的な拒絶行為とも言えます。

それが原因して女性ととの間が気まずい関係に陥ってしまわないよう、素直にバイブの使用を試すことを話し合うべきです。女性もバイブやローターなどのアダルトグッズに対して強い関心と興味を持っているのは間違いありませんから、絶対にバイブやローターや電マのようなアダルトグッズ類を使わせないと言う返事は返ってこないと思われます。

バイブを購入する段階から女性と相談できるような環境が出来上がっているのがベストです。女性と一緒にネット通販店でバイブの形や機能をチェックして、女性も納得した商品を購入すれば、女性が拒絶するような事は発生しません。

バイブを強く挿入しない

女性も合意の上でバイブを使う時でも、バイブを使った経験の無い女性にはあくまでもソフトに優しくバイブを使うようにしましょう。女性には十分な愛撫を行い、ヴァギナが愛液で溢れるように潤うまで愛撫を続け、ヴァギナがバイブを受け入れる状況になってからゆっくりとバイブを挿入しましょう。ヴァギナの潤いが不十分な場合はローションを使います。

ヴァギナにバイブを挿れるときは十分優しくしましょう。初めて異物を迎える女性は些細な事でも違和感を覚え、拒絶したがるものです。それは、女性のヴァギナは体の内面ですので異物を受け入れる事には常に恐怖感を抱くからです。

ですので、バイブをヴァギナに挿れる時は、勢いよく強く挿れるのは絶対に禁物です。女性がバイブを受け入れた後は時間の経過と共に女性は段々と気持ち良くなっていきます。女性が快感に悦びを覚え出したと感じられたら、ゆっくり動きを加えていきます。バイブに備わっている振動や動きを作動させるのも方法ですが必ず強度は弱からにしましょう。

バイブの清潔な使い方

バイブは女性のヴァギナに挿れて使用するアダルトグッズですから、清潔で衛生的な使い方をしなければなりません。女性の粘膜に接触させて使用しますので、間違っても細菌を入れてしまうことのないように十分な注意が必要です。

女性にも自分の体内に挿れるバイブですから、不衛生な使い方をされると、女性は性の気持ち良さや快感を感じることが出来ません。女性が安心できるような清潔な使い方をする事は女性を絶頂に導くために必須の大事な要素です。

バイブの清潔な使い方として、バイブの本体にコンドームを被せるのも大事なことです。個包装されていて、無菌状態に保たれているコンドームをバイブの本体に被せて使用する事で、ヴァギナの粘膜に細菌が付着する事が防げます。

このように清潔に使用していることは女性に安心感を与え、女性が他に気を散らすことなくセックスに集中できるようになります。このことが女性の性の快感を一段と高める効果となり、女性がオーガズムに達するのを助長してくれます。

バイブの安全で清潔な保管方法

バイブは女性のヴァギナ内の粘膜に接触する使い方をするアダルトグッズですので、ヴァギナ内に雑菌を入れる事は絶対に避けなければなりません。雑菌がヴァギナ内に炎症を起こし、医者にかからなければならないような事態も発生します。

このような事態を避けるため、使用したバイブは清潔にし、安全に保管することが鉄則です。バイブは再使用するアダルトグッズですので、男性および女性の共同責任として清潔で安心できる保管方法を確立しておくことが大事です。

バイブには完全防水が施されているものもあります。完全防水のバイブであれば、使用後はきれいに水洗いをし、ティッシュ等で水分を拭き取り、十分に乾燥させましょう。その後、清潔な専用の保管箱などに保管しましょう。完全防水型でないバイブの場合は電池ボックスやモーター部に水が入らないように注意して本体は綺麗に水洗いをしましょう。

バイブを使う時は女性への思いやりを忘れずに

女性が性的快感の極限に達すると絶頂を迎えますが、この絶頂は女性の性感帯を刺激し続けることから訪れます。乳首を刺激することで絶頂に達する女性もいますし、ほとんどの女性はクリトリスを刺激されると絶頂に到達できると言われています。したがって、この2箇所の性感帯を同時に刺激することでより容易に絶頂に達することができます。

しかし、乳首とクリトリスの性感帯を刺激することで一度絶頂に達した女性に、引き続き乳首やクリトリスを刺激し続けると敏感になりすぎた乳首やクリトリスが気持ち良さを通り越して不快感や痛みを覚えることがあります。注意が必要です。

ヴァギナの奥にある子宮への入り口のポルチオも性感帯のひとつで、ポルチオを刺激することで女性は絶頂に達します。このポルチオの絶頂感は、乳首やクリトリスからの絶頂感と異なり、快感が継続される性感帯です。従って、女性はポルチオを刺激し続けることで何度でも絶頂に達すると言われています。バイブはこのポルチオを刺激できる商品です。

女性が絶頂に達する時にはかなりの体力を消耗し、疲れるものです。世の男性は女性に何度も絶頂を味あわせせたいと思うものですが、女性の体力に配慮した思いやりを忘れないようにし、女性を疲労困憊させないようにしましょう。

バイブの仕切線
inserted by FC2 system